FAQ

LIMEDIOのサービスを利用する上で、よくある質問とその回答を示します。

検索結果に関係のない資料が入っている

ページの先頭へ
Q

検索結果に、指定した条件があてはまらない資料が混ざっています。

A

曖昧処理の影響によるものと考えられます。

LIMEDIOでは、必要な資料が検索結果から漏れることがないように、検索時に表記上の揺れを吸収しています。 たとえば、「インターフェース」と「インタフェース」を同じ文字列として検索します。

この曖昧処理により、意図しない文字列が同じ言葉として検索される場合があります。 たとえば、「サッカー」と「さっか」(作家)が同じ言葉とみなされてしまいます。

意図しない検索結果が多く表示されたときは、条件の修正や変更をして検索しなおすか、必要な資料の情報だけを参照してください。

曖昧処理について詳しくは、自動的に吸収される表記の揺れを参照してください。

補足

  • 必要な資料を ブックマークすると、それらの情報だけを一覧で参照することができます。

[状況(返却予定日)]欄に「***」と表示される

ページの先頭へ
Q

資料の詳細情報を参照したところ、[状況(返却予定日)]欄には「***」と表示されていて、貸出状況がわかりません。

A

夜間処理が行われている間は、貸出状況を参照することができません。 夜間処理中に資料の詳細情報を参照すると、[状況(返却予定日)]欄には「***」と表示されます。

夜間処理の終了後は、貸出状況を参照できます。

補足

  • 夜間処理が行われている間は、予約人数を参照することもできません。[予約人数]欄も「***」と表示されます。

「ブックマーク詳細」ページの[巻号ブックマーク]ボタンは何をするボタンか

ページの先頭へ
Q

「ブックマーク詳細」ページに[巻号ブックマーク]ボタンが表示されています。 既にブックマークしてある情報のページに表示されるこのボタンは、何をするためのものですか。

A

「ブックマーク詳細」ページでも、資料の情報をブックマークすることができます。 このときに使用します。

たとえば、ある雑誌をブックマークしているときに、「ブックマーク詳細」ページに雑誌の情報を表示して、その雑誌の特定の巻号をブックマークすることができます。

上下巻で構成される図書の上巻をブックマークしているときに、下巻をブックマークすることなどもできます。

待ち順が増えた

ページの先頭へ
Q

一覧に表示されている待ち順の値が、以前に比べて大きくなりました。 なぜですか。

A

待ち順は、あなたの前に何人が予約しているかのめやすであり、貸し出す順番を約束するものではありません。 待ち順の値は、資料が貸し出されたり返却されたりしたタイミングだけでなく、資料の状況などによっても変わることがあります。

予約が取り消されてしまった

ページの先頭へ
Q

資料を借りたのでも、予約を取り消したのでもないのに、「予約した資料一覧」ページに表示されなくなってしまった予約があります。

A

以下の状況が考えられます。

  • 保留期限が過ぎたため、予約が自動的に解除された

  • 予約期限が過ぎたため、予約が自動的に解除された

  • 資料が用意できないなどの理由で図書館が予約を解除した

マイフォルダに登録した資料が参照できない

ページの先頭へ
Q

マイフォルダに登録した資料情報を後から参照しようとしましたが、「この資料は、図書館の資料として登録されていません。」というメッセージが表示され、参照できません。

A

資料をマイフォルダに登録した後に、その資料が紛失などの理由により 図書館の蔵書データベースから削除される場合があります。

その資料が電子ジャーナルの場合には、 図書館と業者との契約更新後は、更新前に登録した資料情報と図書館の蔵書データベースのリンクがきれ、 マイフォルダから資料情報が参照できなくなることがあります。 その場合には再度検索を行って登録しなおしてください。